Our Recent Posts

Archive

Tags

国際的な環境で働く上で役立つこと

こんにちは!今日は海外で働いたり、外国人と働く上で、英語以外に、これだけは身につけておきたい知識についてご紹介します。 それはずばり、”Cultural awareness”(文化や習慣の違いに対する理解) と “Diversity”(多様性)です。 ロンドンで働いていた頃、違う国籍の人同士で良い職場環境を保つため、頻繁にこの手のセミナーに参加することが義務付けられていました。おかげで、それが当たり前のように身につき、国際色豊かな職場でも楽しく働くことができました。 国際的な環境で気持ちよく働くための5つのポイントを、私自身で体験した内容をもとにまとめてみました。 【その1】YesかNoかはっきりする。 日本人は結論を言わずとも、その場の空気で分かってくれるだろうという文化を持っています。欧米では、その曖昧な終わり方に、いったいYesなのかNoなのか分からずに混乱するそうです。特にビジネスではこの誤解が命取りになりますので、はっきり伝えてあげましょう。 【その2】あいさつをする事、目を見てはなすこと。 目をそらして話すと、この人は何か隠してるのかな?この場に居たくないのかな?と勘違いするようです。ずっと相手の目を見る必要はありませんが、たまにはアイコンタクトもしてあげましょう。 【その3】日本人同士でも、外国人の同僚の前では共通語を。 日系の企業で働いていた時、どうしても日本語の方が楽だからという理由で、目の前に外国人の同僚がいるのに日本語で話してしまう人を多く見ました。自分が分からない言葉を目の前で話されたとしてください、とても感じが悪いですよね?どうしても日本語で話したい時

家庭で出来る本場イリギスの味、Fish&Chips

こんにちは、スクールマネージャーの石井です。 日本食は本当に美味しくて、日本に戻ってきて良かったなーと思う理由の1つです。 でも、時々あのイギリスのどっしりとした心温まる、Fish&Chipsが恋しくなるのです。 【Fish&Chipsとイギリス国民】 Fish&Chipsのお店はどの町にもある位、庶民に愛されている食べ物です。白身魚に独特の衣を付けて揚げ、太く切ったジャガイモを揚げたボリューム満点の組み合せ。塩とモルトビネガーをたっぷり振って頂きます!今日は夕飯作るのが面倒くさいからちょっと買って帰ろう、という時によくお世話になりました。 【人生で一番美味しかったFish&Chips】 そういっても過言でなかったお店。場所はイギリスではなくスコットランドだったんですが(笑)。Isle of Skye – スカイ島というスコットランドの美しい島があるのですが、本島から出ているフェリー乗り場、Mallaigという町にあります。場所はフェリー乗り場のすぐ近くで、みんなFish&Chipsを外で食べているので、きっとすぐに見つかるでしょう。Mallaigは、ハリーポッターで有名なグレンフィナン高架橋を走る蒸気機関車の終着駅でもあります。イギリスもいい所ですが、大自然を味わうならばスコットランドも是非〜。 【日本の家庭でも簡単に作れる、本場イギリスのFish&Chips】 レシピ ー 大人たっぷり2人分です。 白身魚(鱈が一般的でしょう、皮と骨を除きます)200g or 食べたい枚数だけ 薄力粉 120g ビール150g 塩 2g ベーキングパウダー 小さじ1/2 ジャガイモ 大3つ

 

フォロー

問い合わせ

080-2079-0116

住所

神奈川県横浜市栄区笠間3-14-25 もみの木101

©2018 by 3R-English. Proudly created with Wix.com