top of page

"どうしたら英語の発音が良くなりますか?"/"How can I improve my English pronunciation?"

Updated: Mar 18



(English follows)


英語学習者の皆さま、こんにちは!

この春、初めて英語を学ぼうと思っている方も、経験者の方も、良く聞かれる質問の一つに、"どうしたら英語の発音が良くなりますか?"というものがあります。


3Rでは、イギリス英語の正しい発音と実践的な会話力を専門としています。

日本人の大人や子供たちに、英語の音の聞き分けや再現方法をトレーニングしてきた多くの経験を持っており、それは円滑なコミュニケーションに不可欠なものです。


そこで、英語の発音を理解し、練習することで上達する、重要でありながら見落とされがちなポイントをご紹介します:


日本語で考えないこと:

当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、ほとんどの日本人は、日本語以外の発音をカタカナで発音することに慣れてしまっています。無意識にも脳の中で、英語の音ではなくカタカナの音を聞くように配線されてしまっています。実際に多くの人がアルファベットのLetter(文字)とSound(音)の違いを理解していません。

なので、意識的に常に英語の音を使うことが不可欠なのです!古典的な発音の例としては、RとL、VとB、AとUなどがあります。


顔の動き:

私が会ったほとんどの日本人の方は、話したり表現したりするときに顔を動かさないです。これは文化的なものもありますが、日本語の音の構造によるところが大きいです。


顔を動かして英語の音を正しく発音できなければ、残念ながら何度繰り返しても正しい発音にはなりません!もし自分がこのカテゴリーに入るかもしれないと思ったら、この問題を優先し、定期的なスピーキングやリーディングの練習を通して顔の筋肉を鍛えるべきです。


シャイな人にとって、顔を動かすことは愚かで無意味なことに思えるかもしれません。人と違うことを目立たせたくないと思うことが多く、熱意や信念を持ってこの問題に取り組むことに消極的になることがあります。しかし、会話中に理解されないという恥ずかしさは、このスキルを学ぼうとしないのであれば、受け入れなければならないものでしょう。


先生の真似をしてください:

それがどんなに馬鹿げているように見えても、理解できるかどうかに関係なくです!

多くの生徒さんが、カタカナの音ではなく、初めての音を聞き、学んでいます。これは自分の母国語とは異なる言語であることを受け入れましょう。

英語のメディアに触れる。


英語の本をたくさん読みましょう。大きな声で、はっきりと、恐れずに読むとよいです。英語のテレビを字幕付きで見て、人々の話し方を真似てみる。表情を観察し、音を注意深く聞いてみましょう。


あきらめないで!

弱点を見つけ、不足しているスキルの向上に集中しましょう。

自分の弱点を受け入れ、特定すれば、英語学習で不足しているスキルの向上に集中することができます。悪い習慣、古い習慣を断ち切るのは、良い習慣、新しい習慣を始めるよりずっと難しいです!



ご相談ください!

いつでも喜んでお手伝いします。他の立派な英語学校と同様、3Rも生徒の皆さんができるだけスムーズに学習できるよう、サポートとガイダンスを提供しています。


これらのヒントが、この難しいスキルをマスターする助けになることを願っています。


教室でお会いしましょう! 


3R English

リチャード&ミヤコ


************************************


Hello language learners!


Whether you are an experienced student or perhaps thinking about learning English for the first time this spring, one question we get asked regularly is, ‘How can I improve my English pronunciation?”


At 3R, we specialise in the correct pronunciation of British English and practical conversational skills. We have a great deal of experience in training Japanese adults and kids how to identify and reproduce the sounds of the language, which are essential to smooth communication.


So, here are some important but often overlooked points that will improve your English pronunciation when understood and practised:


Don’t think in Japanese!

It may sound obvious; however, most Japanese people are so used to using katakana to pronounce everything non-Japanese in origin that they are not even aware that they are doing it. Their brains are almost wired to hear a katakana sound instead of the English one. In fact, many Japanese people cannot understand the difference between an alphabet letter and a sound!


It is imperative that the English sounds are used at all times! Classic pronunciation examples are R versus L, V versus B, A versus U, etc.


Facial movement.

Most Japanese people that we have met do not move their faces while speaking and expressing themselves. This is partly cultural but largely due to the structure of Japanese sounds.


If a student doesn’t articulate the English sound correctly by moving their face, the sound will, unfortunately, never be correct, no matter how many times they repeat it! If you think you might fall into this category, you should prioritise this issue and strengthen your facial muscles through regular speaking and reading practice.


For a shy person, moving their face can seem silly or pointless, especially when nobody else seems to be doing it. People often don’t want to stand out as being different, and they can be reluctant to tackle the problem with any enthusiasm or conviction. However, the embarrassment of not being understood during conversation will be something you must accept if you are unwilling to learn this skill.


Please copy the teacher (no matter how silly it seems, and regardless of whether you understand or not!).

Many students are hearing and learning sounds for the first time—not katakana sounds. Accept that this is a different language from your own.


Expose yourself to English media.

Read lots of English. Read out loud, clearly, and without fear. Watch English TV with subtitles and learn to copy how people speak. Observe their facial expressions and hear the sounds.


Don’t give up!

If you accept and identify your weak points, you can focus on improving the skills that are lacking in your English studies. Breaking bad, old habits is much harder than starting good, new ones!


Ask us!

We are always happy and ready to help. Like any other respectable English school, we offer student support and guidance to make your learning experience as smooth as possible.


We hope that these tips will help you to master this difficult skill.


See you in the classroom!


Richard & Miyako

Recent Posts

See All

Golden Week Holiday

Golden Week Holiday We will be closed for the Golden Week holidays from Tuesday, April 30th to Wednesday, May 8th . We apologize for any inconvenience this may cause and appreciate your understanding.

Comments


Callan Method Accredited School / カランメソッド公式認定校

Callan Method Accredited School

bottom of page