Our Recent Posts

Archive

Tags

「Alphablocks」徹底解説


「Alphablocksを毎日20分観ましょう」という宿題がよく出ます。

みなさんには、Alphablocksは、イギリスのフォニックスの人気教育番組で、先生もお墨付きです、YouTubeで視聴可能とご説明しています。


今回は、なぜ先生もお墨付きなのか?なぜ素晴らしいのか?それぞれのレベルについても詳しくご説明していきます。


はじめに:

Alphablocksは5つの色分けされたレベルにきちんとグループ化された、段階的なリーディングプログラムです。 各レベルでは、新しいフォニックスのアイデアと主要なスキルとともに、新しい文字と文字チームを紹介します。 Alphablocksは、識字能力の専門家によって開発され、EYSF(Early Years Foundation Stage)フレームワークとKS1カリキュラムに合わせたベストプラクティスの体系的な合成フォニックスを使用します。 すべての主要なイギリスのリーディング学習計画と互換性があり、世界中の何百万人もの子供たちが読むことを学ぶのを助けてきました。

最初のステップ:

レベル1は、すべての文字が発する音を認識することです。 子供たちは、すぐに単語を作り始めることができる順序で文字に出会います。音を出してブレンドするスキルを使用します。つまり、各文字が作る音を言い、それらを混ぜ合わせて単語を作ります。 このレベルは、セグメンテーションの主要なスキルを習得し、聞いた単語を文字の音に分解するのにも役立ちます。

次のステップ:

レベル2では、あまり一般的でない文字を紹介し、アルファベット全部を網羅します。 子供たちがすべての文字と文字の音を知ったら、たくさんの簡単な単語を作成して読むことができます。 また、大文字と文字名に会います。

レターチーム:

レベル3では、子供たちに文字のチームを紹介します。shとch、oo、eeなど、2つの文字を組み合わせて1つの音を作ります。 これらは、ダイグラフとも呼ばれます。 そして、ighやairなどの3文字のチームに会います。

レターブレンド:

レベル4はすべて、文字のブレンドに関するものです。2つの子音が(新しい単一のサウンドではなく)一緒に表示されるときに両方のサウンドを生成します。 ブレンドは、単語の先頭(st-、bl-、tr-など)または末尾(-nd、-mp、-skなど)に配置できます。 また、3つの文字のブレンドもあります(spl-やstr-など)。これらは子音クラスターとしても知られています。

長い母音:

レベル5は大きなステップです。長い母音を鳴らすにはさまざまな方法があることを発見する時間です。 分割ダイグラフがどのように機能するかを示す、マジック Eに会います:母音とeを組み合わせて長い母音を作ります(cakeではa-e、houseではo-eなど)。 そして、子供たちはアルファベットに出会ってから自信を持って「Alphabet」のような単語を読むまでの旅を終えます。



いかがでしたでしょうか?


因みに、以下「Alphablocks」のチャンネル登録をしておくと便利だと思います。

https://www.youtube.com/channel/UC_qs3c0ehDvZkbiEbOj6Drg



大船の英会話スクール

3R English



 

フォロー

問い合わせ

080-2079-0116

住所

神奈川県横浜市栄区笠間3-14-25 もみの木101

©2018 by 3R-English. Proudly created with Wix.com